AGAの原因は?薬を飲まないと治らないの?

AGAになってしまう原因とは

年齢を重ねるごとに比較的髪の毛は薄くなっていくものですが、20代30代で薄毛に悩んでいるという方はAGAが原因の可能性が高くなります。AGAは男性ホルモンによって髪の毛の生え変わるサイクルが乱れてしまうこととなります。男性ホルモンを多く分泌させてしまう原因としては様々あり、薄毛を解消するためにはこちらを把握しなければなりません。男性ホルモンの分泌を多くしてしまう原因としては、まずタバコが挙げられます。タバコを吸うことによって男性ホルモンの分泌を促すだけでなく、タバコに含まれる有害物質によっても薄毛を進行させてしまいます。他にもストレスや自慰の回数なども関係しており、AGAを本格的に治したいと考えている方は普段の生活を見直す必要があるでしょう。

AGAを治す方法とは

最近ではAGAに特化したクリニックも多く、そちらに行って薬をもらうことでAGAを治すことができます。では薬以外でAGAを治すことができないのかというと、薬以外でもAGAを治すことは可能となります。薬以外でAGAを治す方法としては、男性ホルモンの分泌量を抑え、普段の生活習慣を見直すところから始めていきます。男性ホルモンの分泌量を多くしてしまわないように、タバコを吸っている方は禁煙をするか本数を減らし、自慰行為も少なくするようにします。ストレスを溜めないことはできないため、何か解消法を見つけるというのも良いです。他にも髪の毛が生えてきやすくするために不規則な生活を見直していくようにすると、AGAを改善する可能性はあります。

男性型脱毛症agaの治療の期間は、だいたい6か月と言われています。毛が抜ける原因を減らし、発毛を促すような治療が行われますが、その効果が現れ出すのが治療開始から大体半年後となるためです。