女性の薄毛対策男性と何が違うの?

女性の薄毛は髪が細くなるのが特徴

40代を過ぎたあたりから男女ともに薄毛が気になる頃になってきますね。
しかしそのパターンは少し異なるようです。
男性の薄毛は髪の生え際や頭頂部などを中心に脱毛が始まり、脱毛の進行が止まらなくなってやがて剥げていく人が多くいます。
一方女性の薄毛は髪の毛が細くなってハリを失います。
毛髪そのものが抜け落ちるというよりは全体的にボリュームダウンし、ヘアスタイルがきまらない状態に悩まされるようになります。
これをびまん性脱毛症といい、比較的女性に多くみられる脱毛症の種類だと言われます。
ともに原因は加齢によるホルモンバランスの崩れや、髪の生えるためのプロゲステロンの減少、他にも遺伝やストレス、免疫力の低下など様々なものが考えられます。

髪にハリとコシを取り戻して若々しい印象に

加齢による薄毛対策には育毛剤によるケアが効果的だと言われますが、髪が細くなる女性脱毛症は毛髪を強化することも大切です。
育毛剤の選び方で最も大切なことは必ず原因に合ったものにすること、薄毛の場所やパターンなどによって配合される成分が違うからです。
また、女性が男性用の育毛剤を使っても効果はほとんど得られません。
毛髪の構造やホルモンなど、根本的に体の内部が男女では異なるからです。
毎日頭皮を清潔にしマッサージで血流を良くする中で、髪のコシや太さを取り戻すと改善の可能性も十分あります。
その他、食生活やストレスマネジメントなど体内環境を整えることも大切。
全身の血流をよくして頭皮に必要な栄養分がしっかり行き渡るような生活習慣で、健康な皮膚と髪を得ましょう。